関口宏の一番新しい江戸時代▽島原・天草一揆!天草四郎の登場・オランダ船出動要請

Category:
Date:
2024-05-25 19:49 UTC
Submitter:
Seeders:
3
Information:
No information.
Leechers:
0
File size:
518.5 MiB
Completed:
580
Info hash:
c142d04ea5e8324b4e38d792e6b5db8a318cf178
関口宏の一番新しい江戸時代▽島原・天草一揆!天草四郎の登場・オランダ船出動要請 BS-TBS 5月25日 土曜 12:00 -12:54 日本人は、どのような選択を重ね、歴史を刻んできたのか。どのような影響をもたらしたのか。「もう一度!近現代史」「一番新しい古代史」「中世史」に続くシリーズ第4弾! 今回は、江戸時代260年における最大の一揆、かつては“キリシタンの反乱”と言われた「島原・天草一揆」を取り上げます。寛永14年10月。現在の長崎県・島原地方の農民やキリシタンが蜂起して、島原城を攻撃。藩の代官や幕府を相手に、4か月もの戦いを繰り広げます。なぜ、この地域の人々は、武器を取り、抵抗をつづけたのでしょうか?およそ3万7千の一揆勢を率いた指導者の名は天草四郎。この時、わずか15歳だったと言われています。15歳の青年が、なぜ一揆勢を率いることになったのでしょうか?謎多き人物像に迫ります。対する幕府軍の総大将は「知恵伊豆」こと老中・松平信綱(のぶつな)。彼の秘策は、オランダ船からの砲撃です。一揆勢が籠る原城に、海から陸から400発以上の大砲を打ち込みました。なぜそこまでする必要があったのでしょうか?

File list

  • 関口宏の一番新しい江戸時代▽島原・天草一揆!天草四郎の登場・オランダ船出動要請.mp4 (518.5 MiB)