沁(し)みる夜汽車 2021夏「寝台列車が作った家族の時間」

Category:
Date:
2021-10-12 19:12 UTC
Submitter:
Seeders:
2
Information:
No information.
Leechers:
1
File size:
72.8 MiB
Completed:
198
Info hash:
6a6ff19bed623d1a8ca5a20712afb764e693b311
沁(し)みる夜汽車 2021夏「寝台列車が作った家族の時間」 [BS1] 2021年10月12日 午後10:40 ~ 午後10:50 (10分) 鉄道を舞台にした、心が温まる実話を伝える「沁(し)みる夜汽車」家族と少しでも長く過ごせるようにと毎週末、寝台特急に乗って単身赴任先へ帰ったサラリーマンの物語。 川崎市に住む会社員の朝倉俊哉さんは、52歳の時に高松への転勤を命じられた。当時2人の息子はまだ小学生、手がかかる頃だった。週末のたびに川崎の自宅に戻った朝倉さん、少しでも家族と長く過ごせるようにと、日曜日の夜、新幹線ではなく、寝台特急サンライズ瀬戸に乗って高松へ帰ることを思いつく。そうすれば4時間も長く過ごせるからだった。列車の中には同じような境遇の単身赴任者たちがいた。そんな生活が3年間続く…。

File list

  • 沁(し)みる夜汽車 2021夏「寝台列車が作った家族の時間」.mp4 (72.8 MiB)