[再]1991 Yasuo Uchida's Suspense Noh mask murders 内田康夫サスペンス「天河伝説殺人事件」x265[Cosmic] 邦画

Category:
Date:
2021-10-12 17:25 UTC
Submitter:
Seeders:
3
File size:
839.9 MiB
Completed:
224
Info hash:
c84ff2b63fdee47b78ade1c6e9bdede209cba0f2
>*_Another tv re-air J-movie, and another film of Mr. Kon Ichikawa. The story is around a man named Asami Mitsuhiko who call himself as a detecive and investigating strange case and travel around Japan. One of three famous Densetsu Satsujin story (murder of curse and myth) of Yasuo Uchida's 「Detective Asami Mitsuhiko」series . (x265 720p normal quality)_* ```あらすじ``` **都心の高層ビル街で中年男性が突然倒れた。その手には天川村・天河神社の『五十鈴』のお守りが。警察庁刑事局長の兄をはじめ、エリート一家の浅見家で、唯一独自の人生を歩む光彦(榎木孝明)。執筆の依頼を受けて、能の舞台となっている奈良・吉野の奥にある天川村を訪れていた。そのころ東京では能の名門・水上家の宗家・和憲(日下武史)が引退を表明、その後継者問題で揺れていた。一方、天川村では老人の死体が発見された。光彦がその老人と山中で出会ったところを、『五十鈴』のことを調査しに天川村へ訪れていた東京の警部補、仙波が偶然目撃しており、被害者と最後にあった怪しい人物として、光彦は捕まり留置場に入れられてしまう。殺害された老人は水上流の長老・高崎(神山繁)だった。知らせを受けて駆けつけた水上和鷹(山口粧太)・秀美(財前直見)兄妹は和憲の孫で、水上家の後継者候補として注目されていた。本来なら能の世界では長子が継承するものだが、2人の母・菜津(岸田今日子)は、異母兄弟の子・和鷹ではなく、秀美を宗家にと目論んでいた。一方、疑いが晴れて釈放された光彦は、以前助けてもらった長原敏子(岸惠子)が営む天河館で、秀美から高崎の死の真相を一緒に究明してくれと依頼を受ける。光彦は自ら事件の渦中へと飛び込んでいくのであったが…。** ![alt text](https://i.ibb.co/z63TxQP/tenkawa.jpg)

File list

  • [再][映]1991 Yasuo Uchida's Suspense Noh mask murders 内田康夫サスペンス「天河伝説殺人事件」x265-Cosmic.mp4 (839.9 MiB)
Thank you so much. ^_^ I've been waiting this film.

xiaodeyu (uploader)

User
>fuyukisaburou My pleasure, i'm glad you like this film~ ^ ^