京都浪漫 悠久の物語 「京都に残る聖徳太子ゆかりの地」

Category:
Date:
2021-09-12 22:24 UTC
Submitter:
Seeders:
3
Information:
No information.
Leechers:
2
File size:
527.8 MiB
Completed:
248
Info hash:
4bc91a58851469b32b06cde979aa9b082b978b32
京都浪漫 悠久の物語 「京都に残る聖徳太子ゆかりの地」 KBS京都  9月12日(日) 21:00〜21:55 国宝や重要文化財はじめ、歳時、伝統工芸など、千年の都・京都の文化遺産を訪ね、そこに眠る悠久の物語を紐解きながら、京都の新たな魅力を発信する番組 2021年は、飛鳥時代の謎多き偉人・聖徳太子の没後1400回目の節目の年にあたる。今回は、京都における聖徳太子ゆかりの地を訪ね、京都で太子信仰が盛んに行われた理由を紐解く。最初に訪れるのは、聖徳太子が夢のお告げによって創建したと伝わる六角堂頂法寺。本尊は聖徳太子の念持仏と伝わる秘仏・如意輪観音坐像。 太子信仰の拠点の一つである六角堂は「いけばな発祥の地」とも言われており、境内には華道家元池坊の道場がある。六角堂の住職を代々池坊の家元が兼ねてきたワケとは?次に訪れるのは、源氏物語の作者・紫式部ゆかりの寺としても有名な上京区にある廬山寺。聖徳太子ゆかりの仏像が安置されている。最後に訪れるのは、聖徳太子を崇拝した親鸞聖人を宗祖とする佛光寺。佛光寺で見つかった約1300年前の聖徳太子ゆかりの品とは?日本仏教の開祖とされる聖徳太子ゆかりの地をめぐる。

File list

  • 京都浪漫 悠久の物語 「京都に残る聖徳太子ゆかりの地」.mp4 (527.8 MiB)