麺の匠 千葉・松戸「脳がしびれるつけ麺」

Category:
Date:
2021-05-04 20:20 UTC
Submitter:
Seeders:
6
Information:
No information.
Leechers:
0
File size:
135.5 MiB
Completed:
348
Info hash:
8e0ed3c7bb0c31f8c54f2b0f3f9d99b244cb8b02
麺の匠 千葉・松戸「脳がしびれるつけ麺」 [BSプレミアム] 2021年05月04日 午後9:45 ~ 午後10:00 (15分) ラーメンは作り手の気持ちが伝わる食べ物と語る富田治。そのつけ麺は巨大な寸胴で、豚骨、脂、肩バラに豚の頭を煮込む濃厚な豚骨スープにもっちりとしたコシのある極太麺。 ラーメンとは作り手の気持ちが伝わる食べ物と語る千葉・松戸に店を構える富田治。つけ麺の父、山岸一雄の店で修業を積み学んだのは、客に対する愛情だったという。巨大な寸胴には豚の骨、脂、肩バラをいっぱいに詰め込み、最後に豚の頭を加える濃厚な豚骨スープ。もっちりとしたコシのある極太麺は保湿性を高めるために小麦粉に水あめを混ぜてつるつるの食感に。自問自答を繰り返し、常にいま一番の味を食べる人に伝えたいという

File list

  • 麺の匠 千葉・松戸「脳がしびれるつけ麺」.mp4 (135.5 MiB)