テレメンタリー2021『コロナは「学び」を変えた~長野市の教室から~』

Category:
Date:
2021-04-11 20:42 UTC
Submitter:
Seeders:
1
Information:
No information.
Leechers:
0
File size:
315.6 MiB
Completed:
206
Info hash:
114040632d9b557159c79082301f8e69c1d45f62
テレメンタリー2021『コロナは「学び」を変えた~長野市の教室から~』 テレビ朝日  4月11日(日) 04:30〜05:00 新型コロナの脅威は長野市の小学校も襲った。例年通りの学びと経験を積ませる方法の模索に6年担任のベテラン教師は悩む。学びを巡る不安と葛藤、そして成長の1年を追った。 2020年、新型コロナウイルスの脅威は長野市の公立小学校にも及んだ。3月から5月にかけて断続的に休校となり、授業や行事など多くの学ぶ機会が奪われた。学校は6月に再開したものの、感染対策という制約が教室を覆い続けた。小学校最後の1年間、この子たちに例年通りの学びと経験を積ませるにはどうすればいいのかー。6年担任の石井孝道教諭(54)は悩み続けていた。いつまた休校になるかわからない不安定な状況の中、 学校は自ら学び進められる子どもの育成を目指し、授業の改革を始める。ただ長年のやり方に慣れた石井教諭には、効果的な方法が思いつかない。学校行事も前例通りとはいかず、創意工夫の連続。手探りの毎日が続く中、クラスはある課題も抱え始める。コロナ禍という特殊な1年と向き合ったベテラン教師と子どもたち。不安と制約に翻弄されながらも、それぞれの学びや葛藤、そして成長を重ねた1年を追った。

File list

  • テレメンタリー2021『コロナは「学び」を変えた~長野市の教室から~』.mp4 (315.6 MiB)