映像の世紀(2)「大量殺戮の完成~塹壕の兵士たちはすさまじい兵器を見た~」

Category:
Date:
2021-04-05 18:43 UTC
Submitter:
Seeders:
19
Information:
No information.
Leechers:
3
File size:
976.6 MiB
Completed:
637
Info hash:
414b7dec52eff2c5e7a24e543f46e281265fc443
映像の世紀(2)「大量殺戮の完成~塹壕の兵士たちはすさまじい兵器を見た~」 [BSプレミアム] 2021年04月05日 午後5:45 ~ 午後7:00 (75分) 貴重な映像で20世紀を描いた「映像の世紀」が、最新のデジタル技術で鮮やかによみがえる。第2集は第一次世界大戦、機関銃や戦車などの殺りく兵器が次々と登場した。 1914年に始まった第一次世界大戦は、その全貌が動く映像に記録された史上初めての戦争である。その映像からは、この大戦で20世紀の戦争のシステムが作られたことを語っている。戦車、空爆、毒ガス兵器、長距離砲、潜水艦など、国家が総力を挙げて開発した新兵器が登場する。「クリスマスには帰ってくる」と口々に言って、戦場に赴いた兵士たちは、狭い塹壕の中、大量殺りく兵器の前になすすべもなく命を落としていった。

File list

  • 映像の世紀(2)「大量殺戮の完成~塹壕の兵士たちはすさまじい兵器を見た~」.mp4 (976.6 MiB)