Japan Railway Journal ▽新型車両2020次代のトレンドを探る

Category:
Date:
2021-02-23 20:31 UTC
Submitter:
Seeders:
6
Information:
No information.
Leechers:
1
File size:
228.6 MiB
Completed:
241
Info hash:
83d576e4c8e7f7b1857dcc2cb435eaacb408b020
Japan Railway Journal ▽新型車両2020次代のトレンドを探る [BS1] 2021年02月24日 午前4:30 ~ 午前4:59 (29分) 2020年、日本では特急列車や観光列車、通勤列車など数々の新型車両が営業運転を開始した。話題を呼んだ車両をジャンルごとに紹介し、日本の鉄道車両のトレンドを探る。 特急列車では、東海道新幹線の「N700S」や、近畿日本鉄道の「ひのとり」、JR東日本の「サフィール踊り子」が登場。観光列車では、瀬戸内海を周遊する「etSETOra」や九州の魅力を詰め込んだ「36ぷらす3」が話題を呼んだ。また、JR西日本の「WEST EXPRESS銀河」は、21年ぶりの新型寝台特急として注目された。これらをジャンルごとに紹介し日本の鉄道車両のトレンドを探る。

File list

  • Japan Railway Journal ▽新型車両2020次代のトレンドを探る.mp4 (228.6 MiB)