京都ぶらり歴史探訪 「千利休と二人の天下人」

Category:
Date:
2020-05-20 17:23 UTC
Submitter:
Seeders:
4
Information:
No information.
Leechers:
1
File size:
509.3 MiB
Completed:
478
Info hash:
3e21e9ae08e2e27e45adb90975c5ea5beb120351
京都ぶらり歴史探訪 「千利休と二人の天下人」 BS朝日  2020年5月20日(水) 今、ある歴史小説が注目を集めています。日本史上で最も有名な茶人・千利休が、天下人・豊臣秀吉の元で暗躍する様子を描く『茶聖』。今回は中村芝翫さんが、京都に残る利休ゆかりの地を巡りながら、その知られざる真実と、意外な素顔を探る旅に出ます。そして千利休という文化人と深く関わった秀吉と織田信長の思いを明らかにします。 旅のはじまりは、多くの塔頭を抱える禅寺、大徳寺。秀吉の怒りを買い、詫びを入れること無く切腹した千利休。彼はなぜ死を選んだのか?その謎を解く鍵を握るのが三門・金毛閣。ここから利休の人物像を探る旅へ出発。   大徳寺塔頭、総見院で分かるのは、この寺を菩提寺とする織田信長と利休の関係。堺の商人・利休を茶頭として召し抱えた信長。その狙いとは?また出身地 堺の重要性も明らかに。

File list

  • 京都ぶらり歴史探訪 「千利休と二人の天下人」.mp4 (509.3 MiB)