ドキュランドへようこそ「マリーアントワネット 秘密のベルサイユ」(後編)

Category:
Date:
2019-11-29 20:38 UTC
Submitter:
Seeders:
8
Information:
No information.
Leechers:
3
File size:
213.7 MiB
Completed:
362
Info hash:
4e2c37f46205f8d7e2774f692fe70fe4133f3f6a
ドキュランドへようこそ「マリーアントワネット 秘密のベルサイユ」(後編) [Eテレ] 2019年11月29日(金) 午後10:00~午後10:45(45分) マリー・アントワネットがフェルセン伯爵らと愛を交わす舞台ともなった離宮プチトリアノン。華麗な私生活の陰で、フランス最後の王妃が秘かに愛した静かな田園生活とは? 外観はシンプルで、内装はロココ様式の最高峰…プチトリアノンの主となったマリー・アントワネットは、庭園も自然豊かに設計し、農村に見立てた小さな集落も作った。大規模修復に参加した専門家や工芸職人らが、家具類の選定も含めて、「欧州やアジアの文化を大胆不敵に取りこむ改革者」だった王妃の姿を徹底分析。フランス革命でギロチン台に送られた「悲劇の王妃」が愛した秘密のベルサイユ…その麗しき日々へタイムトリップ。

File list

  • ドキュランドへようこそ「マリーアントワネット 秘密のベルサイユ」(後編).mp4 (213.7 MiB)